社労士受験生にとってSNSは良薬?それとも毒?

社労士試験

今の時代の社労士受験生にとって、SNSは身近な存在です。

ただ、身近な存在なだけに、

  • SNSを見ていると、自分の勉強法が間違っているんじゃないかと不安になる…
  • SNSをみていると、自分の勉強量が足りないんじゃないかと焦る…

と、いう方も多いのではないでしょうか。

4回社労士試験を受験してみて、私もそういうタイプだという自覚があります…。

そこで今回は、社労士受験生とSNS(主にツイッター)について考えてみたいと思います。

社労士受験前のSNSとのかかわり方

では、まずはじめに、私が社労士受験前に、SNSとどうかかわってきたのかを振り返ってみます。

人と比べて気持ちが病む…SNSむいていないぁ

私がSNSというものに初めて関わったのが、mixiです。

mixi(ミクシィ)
mixi(ミクシィ)は、友人・知人とのコミュニケーションをさらに便利に楽しくするSNSというサービスです。

mixiなんて聞いたことない…という方向けにざっくり説明します。

mixiとは、

  • 日記を書く(ブログのようなもの)
  • コミュニティがつくれる(例:社労士受験生コミュ)
  • マイミク(ツイッターでいうとフォロワーみたいなもの)

などの機能があるSNSです。

まず、前提として、私は基本的にリアル友達とSNSでは繋がりたくない派です。

なぜならはずかしいから。笑

なので、必然的にmixiで仲良くなるのは、同じ音楽や作家さんが好きな会ったことがない人たちでした。

始めは好きなものをいいよね!って話せるのが嬉しいし、マイミクさんの日記を読むのもすっごく楽しかったんです。

でもmixiに深く入り込み、アクセスする時間が増えるとと、だんだんこんな気持ちが自分の中に生まれてきました。

「自分はなにもしていないのに○○さんはあんなにいろんなことをしている…。自分はなんてだめなんだ…」

…はじめは楽しかったSNSで、気持ちが病んでいる自分に気づいたんです。

そこで気づきました。自分はSNS向いていないと。

そこでmixiは辞め、その後SNSとは、ほとんど関わらない生活を送りました。

社労士受験生時代のSNS

SNSとは距離を置いた生活をしていた私ですが、

社労士受験をするにあたり、いくつかのSNSと関わることになりました。

Studyplus(学習記録アプリ)

まずはStudyplusというアプリです。

スタディプラスについて
Studyplus(スタディプラス)は学習する人が集まる総合プラットフォームです。あなたもStudyplusを使って学習内容を可視化しませんか?学習管理の他にも勉強に役立つ情報が満載です。

このアプリは、

「なにか学習記録をスマホのアプリでできないかな?」

と探していて、見つけたものです。

実はこのアプリにもフォロー、フォロワーという機能がついているため、今回はSNSとして紹介します。

フォロワーさんの勉強時間を見て焦る

このころはツイッターもやっていなかったので、社労士受験生仲間は誰もいませんでした。

なので、StudyPlus同じ社労士受験生がいるのが嬉しくて、フォローされたら私もフォローしていました。

そうすると、フォローした人の学習記録と、目標時間達成状況がタイムラインに流れてきます。

そうすると、また自分の中で焦りが生まれて、「○○さんは▲時間勉強しているのに自分は…」となる訳です。

つくづく自分はSNS向いていないな…、と思いました。

という結論になり、次の年は使いませんでした。

Twitter

いまでは熱心に(笑)つかっているツイッターですが、2018年の4回目(合格した年)から利用を開始しました。

社労士受験中は情報収集するのみで、分でツイートすることは一切ありませんでした

もちろん今のように、社労士試験の合格者の方や、受験生のみなさんと交流することもありませんでした。

とても有益な情報をたくさん得ることができた

社労士受験生当時は、社労士24のアカウントしかフォローしていませんでした。

以前の記事でも書きましたが、社労労士受験生としてツイッターを始めたのは、

社労士24のツイートをみたかったからです。

詳しくはこちらの記事です。↓

社労士24のアカウントは、そのためにツイッターのアカウントを作ったほうがいいと思うくらいオススメです。

そのくらい受験生にとって有益な神情報が流れてきます。

社労士24アカウントの魅力を書き出すと長くなってしまうので、できたらまた別記事で書きたいと思います。

※2020/5/6追記 記事かいてみました

念のため言っておきますが、私は資格の大原の関係者ではないので、ステマではありません。笑

受験生と交流しなかったので、人と比べることはなかった

社労士受験生と交流することもなかったので、例の「みんながんばってるのに自分は…」という自分のSNS病も発症することはありませんでした。笑

自分の性格上、自分でツイートせず、あくまで見るだけにしたのが、受験生時代はよかったと思っています。

社労士合格後のSNS

Twitterで新しい世界を知る

はじめに」でも記事にしましたが、私は社労士合格後に、

  • 社労士受験生に自分の4回の受験経験は、ほかの受験生にとって役にたつかもしれない
  • 同じ労務ワーカーのみなさんが、どうやっていろんなことを乗り越えているか知りたい

という気持ちで、新しくアカウントを作りました。

そこで初めて、社労士受験生や、社労士合格者のみなさんとの交流が始まりました。

お互いに励ましあうことのすばらしさ

そこで知ったのは、

  • ツイッター内でアドバイスや共感してくれる社労士試験の先輩
  • 一緒に勉強しよう!と励ましあって勉強している(シャロ勉合宿など)受験生

の姿でした。

それって、すばらしい!!と思ったのです。

私はずっと通学ではなく通信で勉強していたので、

お互いに励ましあったりする人はいなかったですし、

社労士受験に関する情報は、

  • 必死でインターネットで検索する
  • 受講している資格学校からの情報を得る

この2択しかありませんでした。

そんな自分だからこそ思うのです。

独学や通信で頑張っている社労士受験生にとっては、ツイッターで交流できるってとても大きいことなのだと。

今の自分が社労士受験生だったとしたらSNSを使うか

合格後に知ったツイッターの世界をふまえたうえで、

もし自分が今社労士受験生も戻ったら、SNS(ツイッター)をどのように使うか考えてみます。

同じ社労士受験生のツイートで、がんばろう!と思えるか

自分がツイッターで、社労士受験生と交流するかは、

社労士受験生のツイートをみて、

  • 「私も頑張ろう!」と思える
  • 「自分はダメだ…」と思う

このどちらなのかを考えて、「自分ダメだ…」と思うことのほうが多ければ、きっと交流はやめます。

もちろん「私も頑張ろう!」と思えるようになれば◎ですが、人それぞれの性格もありますし、あまり無理に「そう思わなくちゃ…」って思う必要も私はないと思います。

なので、もし私が社労士受験生に戻ったとしたら、

みんなのツイートをみて「自分はダメだ…」と思うようであれば、かかわり方を見直す

というようにすると思います。

そして最後に、私のように「自分はダメだ…」と感じてしまう受験生のみなさんへオススメする方法を書きます。

なので、「私も頑張ろう!」と思える受験生には飛ばしてもらって大丈夫です☺

情報収集する!だけに専念するには

もし「社労士受験生の頑張っているツイートをみると焦ってしまう…」となってしまったら、

フォローするアカウントを限定することをオススメします。

社労士受験生という同じ立場にこだわることはなく、

  • 自分に必要な情報をツイートしてくれる人
  • ツイートを見て前向きな気持ちになれる人

などを選んでみるといいと思います。

ツイートをみて前向きになれる人で、私のオススメは、テストステロンさんです。

話題の筋肉体操が始まる前から、ずっと「筋肉は裏切らない」を言い続けてます。

そしてツイートがとにかくおもしろいし、よしやったろうじゃないか!と思えます。

筋トレをするかは別として…。

自分でツイートするか

自分のツイートへの反応が気になるのか

自分でツイートするかは、

  • 自分のツイートへの反応が気になるのか
  • 自分のツイートへの反応を確認するのにどのくらい時間をかけているのか

で判断するのがいいと思います。(自戒を含めて)

ツイートする目的は、

  • 自分の学習記録を残すため
  • 学習の習慣をつけるため
  • 一緒に頑張っている受験生との交流

など、人によって違うと思います。

でも、自分のツイートへの反応(いいねやリプライなど)が気になって、

勉強時間が削られているとしたら、ちょっとツイッターとのかかわり方を考えてみたほうがいいかもしれません。

ツイートしなくても交流はできる

自分がツイートしなくても、こんな方法でも交流はできます。

  • 自分がいいなとおもったツイートにいいねする
  • すごく伝えたい気持ちがあるときだけ、そのツイートにリプライ(返信)をしてみる
  • リツイートする(コメントつきでなくてもOK)

これだけでも、元ツイートした人は、結構嬉しいものではないでしょうか。

(私はとても嬉しいです)

また、のリプライやリツイートをほかの方が反応してくれることもありますので、

そういう交流のしかたもありではないかと思います。

一番の目的は社労士合格

社労士受験生の最大の目的は「社労士試験に合格する!」です。

そのために、SNSを役に立つものにできるのか、邪魔するものになってしまうのかは、

「使う人しだい」ということになるのではないでしょうか。(当たり前のことですみません)

あくまでSNSはツール(道具)なので、できるだけツールにふりまされすぎないようにしたいと、自戒を込めて思っています。

SNSにかけている時間を確認してみる

「良薬」になっているか、「毒」なっているか「時間」でわかる

SNSが「良薬」か、「毒」かを判断するための大きな材料が、「かけている時間」です。

目的を達成するための本来の時間(勉強時間)<SNSにいる時間

となっているのであれば、それは「良薬」にはなっていないのかもしれません。

SNSをみている時間を管理する(ただしゆるめ)

今はスマホでも、SNSに使っている時間が管理できたり、制限できたりする機能が標準で搭載されているようです。

ただ、無理にその時間でやめなくてもいいと思うんです。

「設定時間になりましたよ~」って通知がきて、そこでハッとするだけでも違うかなと。

(私はiphoneなので、iphoneは通知がきたら「あとで再通知」か「無視」か選べます。)

参考までに、iphone、androidともに設定方法がわかりやすかったブログを紹介しておきますね。

iphoneでの設定方法

iPhoneの使い過ぎ防止! iOS 12の新機能「スクリーンタイム」で時間制限を設定する
iOS 12で[設定]に新たに加わった「スクリーンタイム」は、iPhoneの利用を休止する時間やアプリごとの利用時間制限を設定できるアプリ。子ども向けの設定のほか、自分の「使い過ぎ」対策としても有効です。

andoroidでの設定方法

Androidでアプリの使用時間を制限する方法
Android 9 Pieに搭載された新機能の1つに “Digital Wellbeing” がありますが、この中に「アプリの使用時間を制限する」と言うタイマー機能が搭載されています。「スマホ依存」と言う言葉が生まれるほどに、現代人はスマー

私もSNSとのかかわり方は、まだまだうまくできていないので、これからも時々見直していきたいと思っています。

それでは、また~☺

まとめ

  • SNSは使う人によって良薬にも毒にもなる
  • 人と比べて落ち込みがちの人は注意が必要
  • 社労士受験生にとって最大の目的は「社労士試験合格」
  • まずは自分がSNSで関わっている時間を確認してみよう
タイトルとURLをコピーしました